返しても返しても、減るどころか、増え続ける借金!そんな借金まみれから脱出するには

      ◇ 家族の病気で思いがけず医療費がかさんだ
    ◇ 子供の進学で一時的に出費が増えた
    ◇ パチンコにのめり込み借金が急増した
    ◇ 自営業の資金繰りが苦しくなった
    ◇ 突然の地震で生活が破綻した

      などなど。
   これらの原因が始まりで、借金まみれとなった
   あなたの悩み、即効で解消する手法があります!


債務整理

借金まみれから脱出するには、あなた(債務者)に貸してくれた相手(債権者)の形態と借金の程度によって解決方法が変わります。 その方法は、債務整理と言われる4種類の方法で、いずれも時間と知識があれば自分で実践することは可能です。

しかし、それを有利に、短時間で行うには債務整理が経験豊富なプロ(弁護士・司法書士)が必須です。実力派の弁護士・司法書士事務所には無料の電話相談窓口が設置されていますので、ぜひ利用しましょう。
そう、あなたはノーリスクでその方法を知ることがでるのです!

借入先が、銀行、信用金庫そして消費者金融(サラ金)、クレジット会社なら、債務整理の手法である任意整理民事再生自己破産過払金請求の中から、いずれかを選択し清算することが可能です。
ブラックリストとは
債務整理をする上で「過払請求」を除き、発生するのがブラックリストに掲載されることです。
その「ブラックリストの詳細」はコチラです。

《それぞれのメリット&デメリット》
 

過払請求

民事再生

任意整理

自己破産

借金を0にすることができる

対象外

×

ブラックリストに掲載されない

対象外

×

×

×

職場に知られずにできる

官報に名前が掲載されない

×

×

財産を取られない

×

裁判所の手続きが必要ない

×

×

債権者の同意が必要ない

×

資格制限のある職業もOK

×

    〇は可能   △は場合によっては可能    ×はできない

いずれを選択するのかは、あなたの借金内容、資産そして収入によります。

◆ 借金内容とは、借金した期間、借金額、金利、返済額、保証人の有無です。
◆ 資産とは、あなたの現預金、不動産、株などの債権。
◆ 収入とは、給与、配当、不動産による家賃、売却所得、商売の売上金など。

弁護士に依頼と聞くと、高額な料金を請求されたり、家族・親戚や職場に知られてしまうのではないかと相談を躊躇してしまう人も
いることでしょう。確かに弁護士に正式に依頼するのであれば報酬を支払わなければなりませんが、
今の収入に見合った返済方法を提案してくれますし、支払いも無理なくできる分割が可能です。
そして何より借金まみれを確実に解決できます。

大きなメリットが弁護士もしくは司法書士に依頼すれば債権者からの取り立て、返済が即時停止にできること。
また、依頼した事実も家族・職場にも、秘密にしてくれますから安心です。


《全国区で活躍している債務整理のプロの比較》
事務所名 リヴラ総合法律事務所 樋口総合法律事務所 アヴァンス司法書士事務所
特  徴

◆ 24時間365日,無料メール相談受付中
◆ 全国対応
◆ 費用の分割可
◆ 受任すれば返済・取り立てを即座にストップさせることが可能です。

◆ 相談は24h借金に関するメール無料相談を受け付けています。
年間7000件以上もの相談実績
◆ 全国対応。初期費用も¥0なので、お手持ちがなくても安心してご相談頂けます。
◆ 受任すれば返済・取り立てを即座にストップさせることが可能です。

債務整理・過払い請求の相談なら、何度でも無料
◆ 減額報酬0円
◆ 24時間365日,メール無料相談受付中
◆ 法定金利内の借入、債権者数が1〜2件なら費用が 一番安い。比較してみましょう。
◆ 債務整理をお考えの方に、無料債務診断始めました!

費  用

◆ 相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 着手金:債権者1件につき39,800円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 減額報酬:10%(債権者が主張する債務額の減額、免除された場合)
◆ 20%(返還された金額からの)
※別途、事務手数料が発生致します。
※自己破産、個人再生の費用については別途ご相談
費用はすべて税別表示です。

◆ 相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 着手金:債権者1件につき39,800円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 減額報酬:10%
【過払金】
◆ 成功報酬:過払い金回収額の20%
※訴訟による場合は、過払い金回収額の25%
※その他事務手数料(30,000円+実費相当)が別途
※いずれも費用の分割支払いが可能
【完済過払金請求】
◆ 着手金:0円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 過払い金報酬:過払い金回収額の20%
※訴訟による場合は、過払い金回収額の25%


※自己破産、個人再生の費用については別途ご相談
費用はすべて税別表示です。

相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 1社〜3社、50,000円/社
     4社〜5社、40,000円/社
     6社以上、 20,000円/社
5社まで総費用210,000円で
打ち切り(税込)
◆ 減額報酬0円
1社ごとの減額が大きくなればなるほど他社よりも費用負担が少なくなり大変お得です。
【完済過払金請求】
◆ 報酬金:過払い金回収額の20%
【自己破産】
◆ 報酬金:25,000円
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね20,000  円前後)
※管財事件の場合は、別途追加費用あり。
※事件内容により別途追加料金が発生も。

【個人再生】
◆ 住宅ローン特則なし:
280000円〜
◆ 住宅ローン特則あり:
380,000円〜
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね30,000円前後)
※管轄裁判所・案件によっては再生委員が選任される場合があります。その場合、再生委員への報酬として、別途15万円〜20万円前後の費用が加算。
※事件内容により別途追加料金が発生も。

代表者 弁護士 水野 正晴
(第二東京弁護士会 第15165号)
弁護士 樋口卓也
(東京弁護士会所属 登録番号 第29906号)
姜正幸 (認定司法書士 大阪司法書士会所属 登録番号 第312005号)
所在地 東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階 東京都中央区京橋2-12-4 光和ビル3階

・大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
・東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー5F

■ 減額報酬とは:
出資法を根拠にした貸し出しに対し利息制限法による引き直し計算をした結果、過払いに至らず元本の減額にとどまった場合に、その減額分の一定割合の金額を報酬とするものです。


借金まみれと手を切るのに大事なことは、まず、生活が破綻するような返済を食い止めることが先決ですが、
その後に再スタートの人生を歩むには後腐れないようにすることです.。

借金まみれ対策に弁護士や司法書士の助けをかりるのは、今後の人生を再スタートするため!
ご紹介する債務整理のプロは、無料相談やアフターサービスにおいても利用者から喜ばれています。


【各弁護士・司法書士の詳細はココをクリック↓】
債務整理の専門家(弁護士・司法書士)

※弁護士・司法書士ご利用にあたっての注意点
◆ 債務整理には本人確認が必用ですので、代理人による相談はNGです。
◆ すでに他の事務所、法テラスに依頼中であれば相談は受けられません。
◆ 金融機関以外の、個人間の借金や、税金滞納による相談は受けられません。

無料!匿名でOK!借金解決診断ツール

弁護士・司法書士に依頼しても、借金が減額、あるいは0円になるか分からなくて
債務整理に踏み出せない方へ

 

借金を債務整理すると、「どれくらい減額することが可能か?」それを無料で診断できるツールをご紹介します。
診断は、3つの質問に答えるだけOK。実名・住所の登録は不要、匿名なので安心、気軽にできます!

 

詳しくは下記の画像をクリック↓

 

                                 ※ 診断シュミレーターは24時間利用可能
解決実績が15,000件以上にもなる人気診断ツールです。
診断の結果、希望すれば債務整理をする際に必要な専門家(弁護士・司法書士)を全国から見つけ、紹介してくれますよ。

効率よく弁護士・司法書士に相談するためにメモっておこう

債務整理について無料相談をする前に準備しておきたいこと

◆ 借りている債権者ごと契約書、領収書

◆ 返済を銀行引き落としにしているのなら、その通帳

◆ 債権者ごとの借入残高

◆ 取り立て・嫌がらせを受けていれば、その手段と内容

あくまで分かる範囲でOKです。

債務整理における司法書士と弁護士の違いとは

債務整理を依頼する場合に、司法書士と弁護士のどちらにしたら良いのでしょうか?

 

誰しもが悩むところですが、次にその違いを記述しますので参考にしてください。
◆弁護士には依頼する案件で扱う借金額に制限がない
まず、弁護士の場合は民事間の紛争において扱える金額に上限がありません。
つまりは任意整理や過払い金請求における交渉や訴訟の対象となる借金、過払い金の額に限度額がなく、司法書士と異なり債権者である金融機関1社あたり140万円を超える案件でも対応可能です。
つまり、司法書士は金融機関1社あたり140万円以下でなければ扱えません。

 

◆上級裁判所における代理人手続きの業務内容
弁護士は簡易裁判所から最高裁判所の全てで法廷代理人を務めることができますが、認定司法書士に登録されている司法書士限り簡易裁判所においてのみ法定代理人になることができます。
と、いうことは簡易裁判から控訴されると司法書士は法定代理人になれず、あらためて弁護士を探さなければならなくなりますが、弁護士に当初から依頼していれば、過払い金請求の裁判が第二審以降まで進んだ場合でも、弁護士は法廷代理人を務めることができます。

 

 

◆個人再生・自己破産における代理人手続き
個人再生、自己破産など地方裁判所にて行う法廷手続きでは、司法書士は書類作成の代行しか行うことができません。一方、弁護士に依頼した場合は、裁判所の手続きから裁判官との審尋まで代行してもらうことができます。
これらの権限により、弁護士に債務整理を依頼した場合は、債務者本人が裁判所へ出頭する必要がありません。
また、自己破産は債務者である申立人が所有する財産価値で手続きが異なり、換金する価値のある財産(不動産や車など)がない場合(同時廃止事件となります)は、完了までの手続きは3ヶ月〜6ヶ月ほどで済みます。

 

しかし、換金する価値のある財産がある場合(管財事件となります)は、財産を処分し換金しますので完了までには6ヶ月〜1年ほどの期間がかかります。
ただ、弁護士に依頼した場合では、弁護士が申立人の財産調査を行うため、手続き期間が約2ヶ月〜5ヶ月短くすることが可能です。

 

 

◆専門家費用と裁判所費用の違い
債務整理は、弁護士に依頼するか司法書士にするかで専門家費用が違いますが、その他にも裁判所費用にも違いがあります。
次で、比較してみましょう。

 

過払い金請求
過払い金請求における司法書士、弁護士それぞれにかかる専門家費用を比較していくと平均的な相場は次のようになりす。

弁護士

司法書士

着手金(1社あたり)  2万円 0円〜2万
基本報酬金  2万円 2万円
返還報酬金 回収額の20%〜25% 回収額の20%前後

訴訟を行うと裁判所に支払う申立費用が必要になりますが、司法書士と弁護士のどちらを利用しても同金額です。

 

 

任意整理
任意整理は裁判所を介さないため、専門家費用のみですが、弁護士と司法書士費用の平均的な相場は次のようになりす。

 

弁護士

司法書士

着手金(1社につき) 2万円 0円〜2万
基本報酬金 2万円 2万円
返還報酬金 借金減額分の約10% 借金減額分の約10%

 

個人再生
個人再生における費用は、司法書士では約30万〜40万円、弁護士では40万〜60万円です。
その他の費用として裁判所に支払う次のような実費があります。

 

・収入印紙代:1万円
・官報掲載費:1万2千円
・郵便切手代:1600円
・再生委員への予納金:15万〜25万円

 

この内、弁護士に依頼した場合は、弁護士が再生委員の業務を代わりに行うので再生委員への予納金が安くなります。
東京地方裁判所の例でいえば、一般の予納金が25万円なのに対して弁護士に依頼した場合だと15万円、それ以外の地方裁判所においては一般の予納金が20万円なのに対して弁護士に依頼した場合、予納金が不要になります。司法書士が弁護士よりも専門家費用が10〜20万円ほど低額なのですが、予納金に関しては弁護士が10〜20万円低額になるので、個人再生における費用の総額は弁護士、司法書士とも大差ありません。

 

※個人再生委員とは:裁判所により選任される個人再生手続きの補助をする弁護士。

 

 

自己破産
自己破産における専門家費用は、司法書士なら約15万〜30万円、弁護士では約20万円〜50万円が平均的な相場です。
裁判所に支払う実費の総額は、換金価値のある財産を有していない人が行う同時廃止事件では約15000円〜45000円、換金価値のある財産を有している人が行う管財事件では約50万円〜150万円です。
その他にも裁判所に支払う実費があります。管財事件は財産調査から財産の換金までの諸手続きを、裁判所が行うために高額になります。

 

弁護士に依頼した場合は、財産の調査を裁判所に代わりに弁護士が行う少額管財事件では裁判所費用の実費は20万円前後になります。
このように、弁護士と司法書士費用には10万円前後の違いがありますが、管財事件に進むような人は弁護士に依頼する方が高額な費用を抑制できるので、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

債務整理の専門家とは

ブラックリストの詳細

ブラックリストとは 
各種ローン、クレジットカードの返済や、携帯電話料金などの支払いが滞った場合、そして債務整理が生じた場合などに、事故情報や延滞情報として金融機関が加盟している信用情報機関に登録されることを「ブラックリストに載る」といわれています。

 

このブラックリストに登録されると、

◆ 新規の「ショッピングローン」「クレジットカード」「キャッシング・カードローン(無担保融資)」のほか、
「自動車ローン」「住宅ローン」などの利用も一定期間(5年〜10年)制限されます。

◆ 所持しているクレジットカードの返却を求められる
◆ ETCカードが利用できなくなる

 

しかし、ブラックリストに掲載されても、新規の借入ができなくなるだけでそれ以外に影響はほとんどありません。
ブラックリストはあくまでも「金融機関情報」ですから、掲載されても就職などに不利益になることはありませんし、勤務先に知られたり、資格に制限が加えられるといった影響はありません。
ただ、銀行などの金融機関に勤務している場合は、知られる恐れがありますので多少の影響があるかもしれません

 

 

【ブラックリスト(信用情報機関)に掲載される理由】
◆ 返済日より61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延があった場合
該当で増加傾向にあるのが、携帯端末の分割払いを3ヶ月以上滞納し掲載されたケースです。2010年の21万人からわずか1年間で
145万人にも増加しました。
◆ 短期間の遅滞でも繰り返している場合にも遅延登録がなされることがある
◆ 返済不能となり保証会社との保証契約において代位弁済が行われたもの
これは、住宅ローンのような融資において、貸付け条件として保証会社の保証を付ける場合です。保証人(保証会社)を付けない
クレジットカードやキャッシング(カードローン)などの場合はありません。
◆ 債務整理(任意整、法的整理)を行った場合
契約内容に関する情報のほか,延滞情報や債務整理の事実が事故情報として記載されます。

 

【ブラックリストに載った情報は消せるの?】
残念ながら、ブラックリストに掲載された登録情報を消すことはできません。いったん登録された事故情報は、定められた期間が
経過するまで消去することは不可能です。
ただし、誤った信用情報を訂正したり削除することは、当事者が信用情報機関に申し立てをすれば可能です。

 

 

【各信用情報機関の事故情報登録期間】

全国銀行個人信用情報センター(KSC) 株式会社 シー・アイ・シー(CIC) (株)日本信用情報機構(JICC)
全国銀行協会が設置、運営している銀行系が利用している個人信用情報機関です 割賦販売法および貸金業法の両業法に基づくクレジットカード系の指定信用情報機関です 信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の貸金業者による信用情報機関です

リストから消去されるには事故事由の解消から下記の期間。
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年

リストから消去されるには事故事由の解消から下記の期間。
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年

リストから消去されるには事故事由の解消から下記の期間。
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年

 

信用情報機関への登録内容と期間は下記の情報になります。

申込時情報

クレジット情報

利用情報

加盟会社が、利用者の新規クレジットやローン申込み時において、その支払能力を照会調査した履歴情報 加盟会社と締結した契約内容や支払状況の情報 クレジット、ローンの利用中で、契約者の支払能力を調査するなどのために、加盟会社が照会した記録

情報項目
・本人確認するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
・申込内容に関する情報照会日
商品名、契約予定額、支払予定回数、照会した会社名など

情報項目
・本人確認するための情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号など
・契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名など
・支払状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況など
・割賦販売法契約品の支払状況
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無など
・貸金業法契約の支払状況
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無など

情報項目
・本人確認するための情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号など
・利用したことに関する情報
利用日、利用目的、利用会社名など

登録期間:利用日より6ヶ月間

登録期間:契約期間中および契約終了後5年以内 
全国銀行協会:破産については、破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間

 

登録期間:利用日より6ヶ月間

 


通常の延滞などの場合は延滞解消から5年ほどでブラックリストから外れますが、留意しなければならないのは、
「事故事由の解消から5年」ということです。
借りたお金を完済していない状況ならば、たとえ5年を経過しても事故情報は消去されません。

 

※新規のクレジットカードやキャッシング、ローンの審査を数社受けても通らない場合は事故情報の登録の有無を調べ必要があるかも。

 

【ブラックリストへの掲載の有無を調べる方法】
ブラックリストに載っているかどうかは、自分で「信用情報開示制度」を利用して手続をする以外に情報を確認する手段はありません。
代理人が申し込みをすることも可能ですが、手続きや費用は機関によって違いがありますので注意しましょう。

全国銀行個人信用情報センターへの開示請求をする (株)シー・アイ・シーへの開示請求をする (株)日本信用情報機構へ開示請求をする

必要な書類
・登録情報開示申込書
・手数料:1,000円
・本人確認書類

必要な書類
・登録情報開示申込書
・手数料:1,000円
・本人確認書類

必要な書類
・登録情報開示申込書
・手数料:1,000円
・本人確認書類

開示申込先
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

開示申込先
http://www.cic.co.jp/mydata/mailing/index.html

開示申込先
http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/index.html

※いずれも、パソコン・スマートフォン・携帯電話、郵送、窓口よりお申込みの方法を選ぶことができます。

トップページ