728_90

借金まみれから脱出するには

   借金まみれが原因で、毎日が不安と恐怖に悩まされているのなら
   即効で解消する手法があります!

  必要な項目を簡単に入力するだけで自分の借金がいくら減額、返金されるか直ぐにわかるツール
  街角法律相談所無料シュミレーター匿名申込

債務整理

借金まみれから脱出するには、あなた(債務者)に貸してくれた相手(債権者)の形態と借金の程度によって解決方法が変わります。
それを有利に行うには債務整理が経験豊富なプロ(弁護士・司法書士)が必須です。
実力派の弁護士・司法書士事務所には無料の電話相談窓口が設置されていますので便利です。

そう、あなたはノーリスクでその方法を知ることがでるのです!

あなたが銀行、信用金庫そして消費者金融(サラ金)、クレジット会社から借りているのなら、任意整理、民事再生、自己破産、過払金請求のいずれかを選択することができます。


《それぞれのメリット&デメリット》
 

過払請求

民事再生

任意整理

自己破産

借金を0にすることができる

対象外

×

ブラックリストに掲載されない

対象外

×

×

×

職場に知られずにできる

官報に名前が掲載されない

×

×

財産を取られない

×

裁判所の手続きが必要ない

×

×

債権者の同意が必要ない

×

資格制限のある職業もOK

×

    〇は可能   △は場合によっては可能    ×はできない

いずれを選択するのかは、あなたの借金内容、資産そして収入によります。
◆ 借金内容とは、借金した期間、借金額、金利、返済額、保証人の有無です。
◆ 資産とは、あなたの現預金、不動産、株などの債権。
◆ 収入とは、給与、配当、不動産による家賃、売却所得、商売の売上金など。


弁護士に依頼と聞くと、高額な料金を請求されたり、家族・親戚や職場に知られてしまうのではないかと相談を
躊躇してしまう人もいることでしょう。

確かに弁護士に正式に依頼するのであれば報酬を支払わなければなりませんが、
今の収入に見合った返済方法を提案してくれますし、支払いも無理なくできる分割が可能です。
そして何より借金まみれを解決できます。

大きなメリットが弁護士もしくは司法書士に依頼すれば債権者からの取り立て、返済が即時停止ができること。
また、依頼した事実も周りには、秘密にしてくれますから安心です。


《全国区で活躍している債務整理のプロの比較》
事務所名 Salute(サルート)法律事務所 樋口総合法律事務所 アヴァンス司法書士事務所
特  徴

◆ 24時間365日,無料メール相談受付中
◆ 全国対応
◆ 費用の分割可
◆ 受任すれば返済・取り立てを即座にストップさせることが可能です。

◆ 相談は24h借金に関するメール無料相談を受け付けています。
年間7000件以上もの相談実績
◆ 全国対応。初期費用も¥0なので、お手持ちがなくても安心してご相談頂けます。
◆ 受任すれば返済・取り立てを即座にストップさせることが可能です。

債務整理・過払い請求の相談なら、何度でも無料
◆ 減額報酬0円
◆ 24時間365日,メール無料相談受付中
◆ 法定金利内の借入、債権者数が1〜2件なら費用が 一番安い。比較してみましょう。
◆ 債務整理をお考えの方に、無料債務診断始めました!

費  用

◆ 相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 着手金:債権者1件につき49,800円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 減額報酬:10%
【完済過払金請求】
◆ 成功報酬:債権者1件につき19,800円
◆ 過払金報酬:過払い金回収額の20%
◆ 着手金:0円
【個人再生】
◆ 住宅ローン特則なし:
500,000円〜
◆ 住宅ローン特則あり:
600,000円〜
【自己破産】
◆ 着手金、報酬金:500,000円〜


※費用はすべて税別表示です。


◆ 相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 着手金:債権者1件につき39,800円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 減額報酬:10%
【過払金】
◆ 成功報酬:過払い金回収額の20%
※訴訟による場合は、過払い金回収額の25%
※その他事務手数料(30,000円+実費相当)が別途
※いずれも費用の分割支払いが可能
【完済過払金請求】
◆ 着手金:0円
◆ 報酬金:債権者1件につき19,800円
◆ 過払い金報酬:過払い金回収額の20%
※訴訟による場合は、過払い金回収額の25%


※自己破産、個人再生の費用については別途ご相談
費用はすべて税別表示です。


相談料0円、初期費用0円
【任意整理】
◆ 1社〜3社、50,000円/社
     4社〜5社、40,000円/社
     6社以上、 20,000円/社
5社まで総費用210,000円で
打ち切り(税込)
◆ 減額報酬0円
1社ごとの減額が大きくなればなるほど他社よりも費用負担が少なくなり大変お得です。
【完済過払金請求】
◆ 報酬金:過払い金回収額の20%
【自己破産】
◆ 報酬金:25,000円
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね20,000  円前後)
※管財事件の場合は、別途追加費用あり。
※事件内容により別途追加料金が発生も。

【個人再生】
◆ 住宅ローン特則なし:
280000円〜
◆ 住宅ローン特則あり:
380,000円〜
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね30,000円前後)
※管轄裁判所・案件によっては再生委員が選任される場合があります。その場合、再生委員への報酬として、別途15万円〜20万円前後の費用が加算。
※事件内容により別途追加料金が発生も。

代表者 水野 正晴 (第二東京弁護士会 第15165号) 樋口卓也  (東京弁護士会所属 登録番号 第29906号) 姜正幸 (認定司法書士 大阪司法書士会所属 登録番号 第312005号)
所在地 東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル(旧名:日南貿易ビル)6階 東京都中央区京橋2-12-4 光和ビル3階

・大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
・東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー5F

■ 減額報酬とは:
出資法を根拠にした貸し出しに対し利息制限法による引き直し計算をした結果、過払いに至らず元本の減額にとどまった場合に、その減額分の一定割合の金額を報酬とするものです。

個人再生とは:
個人事業主やサラリーマンなど個人債務者を対象とする制度で、住宅ローンを除く債務の総金額が5000万円以下で将来にわたって継続的に収入を得る見込みがあることを条件に、再生後の債務額を再生前の債務額の5分の1(下限100万円)に圧縮し、原則3年間で分割返済をしていく制度です。住宅ローンを利用している方が、マイホームだけは手放したくないという場合に利用できます。借金した理由に関係なく、また資格制限がありませんから、自己破産できない方でも利用が可能です。
任意整理とは:
簡単に言えば将来発生するであろう金利をカットし、現在の元本残を4年前後ほどで分割返済する内容を弁護士や司法書士が債務者の代理人となり、貸金業者と和解し、返済していく方法です。この際に過払金の有無も判明することで、借金額の減額により月々の返済額が大幅に少なくなる可能性があります。
また、大きなメリットとして弁護士あるいは司法書士が受任した時点で、貸金業者との和解が成立するまで、返済及び取り立てが停止することが可能です。
自己破産とは:
債務総額が収入に比べて大きく、長期的に見ても一定額の返済が見込めない方のための手続きです。
20万円以上の価値がある資産については、基本的に競売等により売却し返済に充当しますので残すことができませんが、裁判所からの免責が認可されると、借金は清算され一切の返済をする必要がなくなります。借金返済からは全て解放されますので、新たな人生へのステップを踏み出すことが可能となります。
過払金請求とは:
2010年6月18日に施行された貸金業法により、利息制限法(15〜20%以下)を超える利息は払い戻してもらうことが可能となりました。銀行、信用金庫などを除く多くの貸金業者が利息制限法を超える金利で貸し出していましたので該当することに。
その結果、債務者が貸金業者へ支払った金利を、利息制限法に基づき再計算して算出さた金利との差額を過払金として、返還請求をすることが可能となりました。分かりやすく言うならば、債務者が貸金業者に法律で定められた以上に返済し過ぎたお金のことです。


借金まみれと手を切るのに大事なことは、まず、生活が破綻するような返済を食い止めることが先決ですが、
その後に再スタートの人生を歩むには後腐れないようにすることです.。


借金まみれ対策に弁護士や司法書士の助けをかりるのは、今後の人生を再スタートするため!
ご紹介する債務整理のプロは、無料相談やアフターサービスにおいても利用者から喜ばれています。

各弁護士・司法書士の詳細は次をlクリックして公式サイトへ
サルート法律事務所 公式サイト
樋口総合法律事務所 公式サイト
アヴァンス司法書士事務所 公式サイト

 

無料!借金解決診断シュミレーター

弁護士・司法書士に依頼しても、借金が減額、あるいは0円になるか分からなくて
債務整理に踏み出せない方へ

 

借金を債務整理すると、「どれくらい減額することが可能か?」それを無料で診断できるツールをご紹介します。
診断は、3つの質問に答えるだけOK。実名・住所の登録は不要、匿名なので安心、気軽にできます!

 

詳しくは下記の画像をクリック↓

 

                                 ※ 診断シュミレーターは24時間利用可能

 

解決実績が15,000件以上にもなる人気診断ツールです。
診断の結果、希望すれば債務整理をする際に必要な専門家(弁護士・司法書士)を全国から見つけ、紹介してくれますよ。

 

効率よく弁護士・司法書士に相談するためにメモっておこう

債務整理について無料相談をする前に準備しておきたいこと

◆ 借りている債権者ごと契約書、領収書

◆ 返済を銀行引き落としにしているのなら、その通帳

◆ 債権者ごとの借入残高

◆ 取り立て・嫌がらせを受けていれば、その手段と内容

あくまで分かる範囲でOKです。

 

 

公的機関による相談窓口

国民生活センター
国民生活センター
国民生活センター(iモード版)゙
ホームページから全国各地の消費生活センターの相談窓口が検索できます。
◆ 日本弁護士連合会
日本弁護士連合会
  TEL03-3580-9841(代)
ホームページから各弁護士会の連絡先を案内しています。
日本貸金業協会
日本貸金業協会
 TEL0570-051-051(苦情相談窓口)
◆  金融庁 各都道府県県知事登録の貸金業者に関する問い合わせ先
都道府県県知事登録の貸金業者
◆  各都道府県警察本部の警察総合相談窓口
警察総合相談窓口
いずれも無料で相談できますが、基本的には専門家(弁護士、司法書士)を紹介するようです。

金銭の貸し借りトラブルに直接、介入できるのは警察くらいですが、『民事不介入』の原則により被害者が身体や家財を
傷つけられるような刑事事件にならない限りは素早く動いてはくれません。

 

《サイトトップ》

アヴァンス法務事務所